生きていたJFKジュニア=Qアノンの千年王国プラン展 閉じる
穴窯で赤松30トン、10昼夜の焼成。

期間:2018年 11 3日(土)〜 11 30日(金) 時間:AM 9:00〜PM 5:00 *木曜定休日
会場:ギャラリー 龍窯
   〒786-0097 高知県高岡郡四万十町日野地326
  <ギャラリー龍窯 地図>
   Tel&Fax/0880-23-0054
   作家携帯/090-4506-0572
   ● 龍馬空港からギャラリー龍窯まで 車で1時間半。
     四万十町中央ICより 車で25分、松葉川温泉 手前1kmに看板あり。

【 窯辺雑記 】

2018年10月15日記す。
秋風が吹き、虫の声が優しい季節になった。昼間から谷筋に鹿のピーイという鳴き声が響く。
繁殖期で注意力が散漫になり、くくり罠に立派な角の見事な雄鹿が掛かる嬉しい秋である。
先日、立派な雄鹿を猟師さんから頂き解体していると脇腹に角で負傷した丸い穴があり、肋骨の間を刺し貫いていた、雄鹿の雌をめぐる激しい戦いを垣間見た思いがした。
相変わらずボケ認知症気味の老陶芸家のざれ文は続く・・・

まずこのQアノンからの重要最新メッセージを御覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=MRtEgdgj_XQ&feature=youtu.be

◎9月10日に太陽を日食のように上から下に、別のが下から上にと2度横切った木星サイズ?のUFO

この秋一番驚いたことは、太陽の珍事である。ご存知のとうり我々の太陽系は秒速240キロすなわち時速86万4千キロのスピードで動いている。そして我々の住む地球の北磁極は45キロ/年で南に移動している。
この磁極反転は、現在4極構造になっている太陽の決定的支配を受ける。太陽の黒点は本来黒い点だが、もはや黒い広い面と言うしかない黒い巨大なコロナホールは9月6日頃から現れ、とうとう9月10日には太陽表面の三分の一に達し、世界各地の太陽観測所が突然閉鎖された。
その9月10日に具体的に太陽に何があったのかというと、超巨大な惑星サイズのUFOが太陽の前を日食のように上から下に通過し、その後、別の超巨大な惑星サイズのUFOが下から上へ通過した。そして無数の母船型UFOが太陽を取り巻いている動画が撮影され、その直後、米ニューメキシコ州サンスポットにある国立太陽天文台、ペンシルベニア州、ハワイ州の太陽観測所がFBIによって理由も告げられず閉鎖、職員も全員退去させられた。
また、オーストラリア・チリ・スペインの太陽観測所も閉鎖され、カメラも作動停止した。
そもそも太陽観測所は危険なEMP爆弾(核爆発による電磁パルス爆弾)のように地球上のコンピューターを破壊して文明を崩壊させかねない巨大磁気嵐を観測し危険を予知するための公的施設である。
この重大な太陽情報隠蔽をネットで見た時、私は3.11直後の3月21日から24日にかけて1立方メートルあたり104.1ベクレルという最大放射能ブルームが関東上空に移動し、降雨が起こり、関東一円にプルトニウム・ウラン・セシウム・ストロンチウム(ともに黄色系)を含む黄色い雨が降ったのに、放射能ブルーム警報のために有効なスピーディが即、故障したとして隠蔽され、気象庁はチェルノブイリ同様「花粉である」と言い放ったことを思い出した。
惑星型UFOが観測カメラに写るということは超高度な文明を持つ宇宙人がUFOの波動を意図的に下げて我々にわざわざ見せているわけで、それなりの重大な目的と意図がある。NASAとトランプ大統領と彼のブレーンの科学顧問とFBI長官等々のブレーンは世界各地の太陽観測所を瞬速で閉鎖してまで、それを我々人類から隠蔽するという判断を下したことになる。
ここで,私はアメリカ在住の天才理論物理学者ナシーム・ハラメインの説を面白いと思う。アブダビ観光局が落札したダビンチの「サルバトール(世界の救世主)」そっくりなナシーム・ハラメインは「全恒星が中心にブラックホールの時空特異点を含んでいる。我々の太陽をスターゲイトとして使い、惑星サイズの宇宙船が出入りしている。太陽付近に停泊している巨大な物体は太陽フレアの電磁パルスが直接地球に当たらないようにするための装置。」と言っている。
広範囲にわたる黒点がワームチューブの出入り口であれば太陽表面の三分の一に及ぶ巨大な出入り口が発生したことになる。
そもそも体積で地球の1300倍ほどの木星サイズというとんでもない球体UFOや立方体UFO、長方体UFOというものが2010年頃から太陽直近で何度も何度も確認されているがNASAはその度にこっそりと削除・隠蔽を続けてきた。
今回の地球上の太陽観測所の瞬速閉鎖は超巨大惑星サイズのUFOからの何らかの意思伝達によって地球の人類統治システムが「フリーズした」結果であろう。
現在の我々の太陽系は時速86万4千キロという速度で2001年から今までと異なる星座ステージの多次元宇宙空間に突入しているので、太陽系の次元上昇が起こり、この地球という幼い搾取の星も3次元世界というものも次元上昇するといわれている。
日月神示関係では、水瓶座の21世紀になると物質文明は終わり精神文明となり、通貨が無くなり、政府が無くなり、コンピューターが使えない時も来るので平常心を保つようにと言われている。我々人間は半霊半物質の存在となる・・・ともある・・・もう、この私もフリーズである。
キリストの再臨とはナザレのイエスがその頃の格好で現れるのではなく地球より数千倍も大きい惑星型UFOが何基もノアの箱船のように、地球の完成期、すなわち「毒麦」が焼かれる収穫の時、現れるということではないだろうか。このどでかい救世主がオレンジ光線を発して、宇宙の基本法である愛の法則に則って「愛深い種人」を収容するようなことかなと空想している。

◎アメリカでトランプ大統領による「毒麦」5万7千人一斉逮捕が秒読み

現在の地球表面上での我々人類の世界的潮流として、イルミナティの政治家名簿が公開されたことから、メルケルやメイやマクロンのようなグローバリスト政治家の失脚が続き、「反移民」と「不正選挙への不満」、「格差社会への不満」の革命が起き、「富の健全な再分配」をめざす直接民主主義への動きが著しい。悪魔崇拝=イルミナティ=1%超富裕層戦争屋に奉仕するだけの飼い犬悪徳政治家の不正に覚醒し、彼等への投獄粛清運動とともに直接民主主義への回帰現象が起こっている。
イタリアでは特に顕著に直接民主主義への劇的回帰が起こり、「五つ星運動」が躍進して、イタリア政府はヒラリー・クリントンが幼児を食べる悪魔主義ディナーに出席したという告発本を出版したジャーナリスト・陰謀論者・マルチェロ・ロアをイタリア国営放送=ライの長官に就任させた。
南米でも反グローバル・直接民主主義への地滑りは起こっていて、ブラジルの10月7日の大統領選では「南米のトランプ」ジャイル・ボルソナーロ候補が46.43%の票を獲得し、国民からの圧倒的支持が明らかになった、9月6日に腹部をナイフで刺されながらも病院から国民にむけてメッセージを発し続けた。
フィリピンのドテルテ大統領から始まり、マレーシアでも、イタリアでもブラジルでもトランプやプーチンと同じく、グローバリスト=イルミナティ=ロスチャイルドを倒して、ロスチャイルド家私有の中央銀行を国有化し、自国で紙幣を発行する方向にある。
アイスランドの国民は2008年のリーマンショックでの国家デフォルト後、IMFが突きつけた負債返済案を拒否して、国家をデフォルトさせた政治家と経済人を投獄してロスチャイルド家中央銀行の負債を踏み倒し、国家経済再生を見事に成し遂げた。
今ではアイスランドは世界の優等経済国である。
アメリカでは2011年、ドッド・フランク法で米会計監査院が初めてFRBの限定的内部監査を行い、FRBが、リーマン危機を引き起こした銀行に2008年から2010年の間に裏で16.1兆ドルの救済資金(米国経済のGNP15兆ドルを上回るとんでもない金額)を提供したことが明らかになった。つまり紙幣発行権を持つロスチャイルド家が自分たちの中央銀行制度・FRB・金融機関を使って意図的にリーマンショックを起こして我々人類から超大金を巻き上げるという詐欺を働いたことが明らかになった。
そして、こうした不正の積み重ねの結果、ジェフ・ベゾス、ビル・ゲイツ、ウオーレン・バフェットの3人の持つ富は米国の50%の人口(中間層が破壊され貧困層に分類されている)の持つ富よりも多くなったということに国民が覚醒した。そしてこの貧困層の覚醒と不満がトランプ大統領を生み、覚醒した正義軍とともに、パパブッシュが仕切って来た不正選挙を封じ、人身売買・臓器売買・悪魔主義者を投獄し、世界のお金の仕組みを根本から変え、富の健全な再分配をしようとしている。

アメリカでは10月3日にトランプ大統領が大量逮捕に向けての全国民への戒厳令緊急警報アラームのテストを完了、全国民に2週間以内の停電と交通網の遮断等の可能性を予告。
10月7日に米上院が、「戒厳令を敷く」と言っているブレット・カバノー氏の最高裁判事人事を承認した。50:48でスリリングな決定であった。これでトランプ大統領が最高裁判事の過半数の票を手中に収めた。
トランプ大統領が戒厳令を敷くと、戒厳令下では民間人をも裁ける軍事法廷に絶対的権限が移る。ロスチャイルド家私有の中央銀行を国有化しようとしたケネディ大統領を暗殺し、9.11偽旗やハイチ人工地震、3.11人工地震を起こしたブッシュ親子、クリントン夫婦、オバマ、ソロス、ロバート・ミュラー、バーニー・サンダース、スピルバーグ、レオナルド・デカプリオ、トム・ハンクス、ロバート・デ・ニーロ、ジャック・ニコルソン、マドンナ、ガガ、アントニン・スカリア(故人)・・・・・・・・以下5万7千人以上の犯罪者の一斉逮捕となる。9.11偽旗・3.11人工地震等々の大量殺人・性的児童虐待・人身売買・児童生け贄悪魔主義者達の一斉逮捕をして、キューバのグァンタナモ基地で軍事裁判にかけ、アメリカの特別精鋭軍が厳重警備するグァンタナモ基地特別囚人収容所に送り込むことが秒読みとなった。
アントニン・スカリア最高裁判事(享年79歳)のケースがなんともおぞましく、アメリカの権力の中枢に巣食う悪魔主義汚染を象徴する。米国では2015年には442,032人の未成年が失踪し、そのうち42,032人が見つかっていない。
悪魔崇拝者たちはおぞましい規模で子供を拷問して殺し、食してきたことが今後の軍事法廷で世界に明らかにされる。アントニン・スカリアはアメリカ最高裁判事9人(終身制)のうちの1人で、1986年にレーガン大統領により任命された。
2016年2月13日朝、ブッシュ王国のテキサス州の東部で鴨狩り中に、朝、死亡しているのが発見されたと報道されたが、真実は「リトルボーイの牧場」と呼ばれる小児性愛犯罪を行う場所で、暴行を加えていた13歳の少年に首を切られて殺害された。
このアントニン・スカリア最高裁判事の後任にとトランプ大統領が9月17日に指名したのがブレット・カバノー氏である。
オバマ前大統領は在任中にエレナ・ケイガン(モンサント擁護者)とソニア・ソトマイヨールの2人を最高裁判事に指名したが、バラク・オバマという人物は、なんとケニア生まれであることが真実と判明したので本来アメリカの大統領になる資格が無く、この2人の最高裁判事指名は無効となる。また、1991年にパパブッシュが任命したクラレンス・トーマス最高裁判事(元モンサント社弁護士)も、パパブッシュがケネディ大統領暗殺主導者であるがゆえに任命は無効になると私は思う。
アメリカの9人の終身制の最高裁判事のうち3人もが違法任命だったことになる。
属国日本の安倍晋三総理が任命した木澤克之最高裁判事も元加計学園監事なので、モリカケ問題が重大犯罪であるので、任命が無効になる構図が本国とそっくり同じ。この春4月10日にぼうーとテレビのニュースを見ていて潮目が変わったことが分かった、あれから6ヶ月経って,安倍晋三の外堀と内堀はすっかり埋まった。
毎朝、3時にはパソコンを開き、3時間の情報収集が日課になっている。実に面白い、この3年間、プーチンとトランプのお手並みを拝見してきて実に見事だと思う。
10月13日、Qアノンは1999年に飛行機事故で妻とその姉とともに死亡したJFKジュニアであるとの証拠写真が出回った。
パパブッシュからの暗殺を逃れて20年雌伏していたという映画のようなストーリーである。

悪魔崇拝儀式の一説として、イギリスで1996年4月末から2001年の9.11偽旗による第三次世界大戦開始までの5年間で580万頭の牛を焼却処分したが、その真意は第三次世界大戦の成功を悪魔に願い、580万頭の牛を悪魔に生け贄として捧げ、焼き尽くしたと言われている。報道では狂牛病蔓延予防ための牛の焼却処分だが、狂牛病の原因タンパク質プリオンは3ナノ以下の大きさで高性能の電子顕微鏡でも見えない、普通のウイルスの直径は300ナノメートル程なので、とんでもない架空の物質名だと思う。
私は狂牛病の原因物質は1996年5月にアメリカで暗殺された斉藤綱男博士のタウタンパク質研究結果のように腦萎縮を起こすサリンと同じ有機リン系農薬と推測している。日本での同じ悪魔儀式が2010年の宮崎県での30万頭の口蹄疫の牛と豚の殺処分であると仮定すると、その翌年に放射能汚染で東京と日本の農地の四分の一を失った人工地震3.11とその管政権転覆後の軍国主義第二次安倍内閣成立も腑に落ちる。
2010年のハイチ人工地震攻撃とその後のベネズエラのデフォルト・超ハイパーインフレ・飢餓・難民流出でたったの8年間で優等国家が実質的な国家滅亡を迎えている事実は他人事ではない。
経済大国日本は現在、国民の経済的豊かさでは世界で27位にまで落ちている。
イルミナティであったマレーシアのナジブ前首相は、マレーシア航空370便失踪事件に深く関与したことが多くの不正犯罪行為とともに国民に知られ粛清された。マレーシア航空370便は2014年3月ディエゴガルシア基地に強制着陸後、テルアビブに飛び、フロリダでマレーシア航空17便に再塗装され2014年7月にウクライナ空軍のスホイ25の機関砲で撃墜されたのが真実、証拠のパイロットの遺体から出たスホイ25の機関砲の破片をオランダが隠していたことも判明、国務長官ヒラリー(当時)の部下ヌーランドによる第三次世界大戦ウクライナ戦線拡大の為。
現在、マレーシアの老練で立派なマハティール新首相は「我々は法を取り戻した」と宣言し、マレーシアを元の健全な法治国家に戻し、憲法九条を掲げ、消費税を撤廃すると言っている。こういう情報が全て、NHKも新聞もテレビも決して報道しない真実。
今回、アメリカが5万7千人以上の逮捕に失敗すると、日月神示にいう、「世界は泥の海にするぞ!」である。
今、幼い・搾取の星・地球のリセットボタンは、我々とこの宇宙の創造者の神の手にある。

◎医療分野の真実暴露

トランプ大統領は自分の息子がワクチン接種後すぐに異常になったと言って、医療問題にもメスを入れている。
オピオイド系鎮痛剤の依存症蔓延問題も解決しようとしている。
ワクチンが国連の人口削減計画でワクチンを打てば免疫力が下がることも明らかになった。
癌の医療詐欺行為としては1928年にオットー・ウォバーグが癌の正体をつきとめたが、ロスチャイルド家に強迫され、ノーベル賞は取り消され、以後現在まで毒ガスであるマスタードガス由来の抗がん剤投与と正常細胞をも殺す放射線治療と癌細胞のエサになるブドウ糖の点滴という患者殺しの治療法が続いている。

オットーの論文「癌組織解糖作用」のあらまし。
◎癌細胞は解糖系(原核生物の末裔)であり、ブドウ糖を摂取し、無酸素で、わずかなエネルギーを出し、分裂し暴走する。
◎癌細胞は通常細胞の30倍以上のブドウ糖を摂取し、摂取したがり、それを利用して分裂し暴走する。癌細胞は正常細胞の
 3〜8倍のブドウ糖を取り込まなければ、生命活動を維持出来ない。糖欠乏があると人間の体は皮下脂肪や内臓脂肪を分解して
 ケトン体という酸性代謝物質をつくる。ケトン体それ自体に抗癌作用がある。癌治療では低体温症を改善し(温泉や生姜紅茶
 で体を温める)、主食である炭水化物(体内でブドウ糖になる)を極端にカットする。
◎癌細胞のミトコンドリアはほとんど活動していない。
◎癌細胞は低温である。39℃でDNAの合成が止まり、42℃で癌細胞は死滅する。体温が1℃下がると免疫機能は37%低下し、
 癌発症率が5倍になる。
◎癌細胞は酸性である。
◎癌患者は皆、高血糖である。
◎癌患者は皆、低体温である。
◎癌患者は皆、呼吸が非常に浅い。癌細胞は酸素に弱い。細胞の酸素量を35%減らすと細胞は100%癌化する、
 癌細胞に直接酸素を送り込むと癌細胞は確実に死滅する。
◎癌患者は自律神経が交感神経優位になっている。つまりストレスが多い日常生活をしている。
◎癌患者の体質は酸性であり、血液も酸性である。つまり無農薬野菜を食べて体をアルカリ性にすればいい。
これらの結果からオットーは
 「糖質の過剰摂取が、一番の癌の発生要因である」

◎パーキンソン病のこと

私も68になったので目が老眼になったりいろいろあるが精神力で眼鏡も掛けずにやっている。パーキンソン病で闘病中の友人もいる。いろいろ調べて、故 安保 徹氏の著書「免疫革命ー病気を治すのは自分」から抜粋させて頂く。
パーキンソン病では筋肉が堅くなって震えるのが主たる症状。
現在の治療概念は患者の腦の黒質部分が損なわれていた→黒質はドーパミン生産細胞→薬は交感神経緊張(ストレス)薬であるドーパミンの前駆体を処方する(これでノーベル賞)。

安保 徹氏の見解は、現在爆発的に増加しているパーキンソン病の患者にはがんばり屋さんと不眠症や頑固な便秘の人が多い→原因は強いストレス→交感神経緊張状態→ドーパミンは交感神経緊張(ストレス)を促す神経伝達物質のひとつ→ドーパミン処方で患者さんの体はさらに堅くなるので治らない→経口投与なので腦だけでなく、全身にドーパミンが行き渡り全身にさらなる緊張が起こり、会話や歩行が困難になってゆく。
パーキンソン病の症状である手のふるえ→手が震えるということは、血流を自分でふるえて送り込もうとしている→マッサージが有効ではないか→
治療方法として血行を増やす入浴や体操を積極的にする→
便秘にならないように玄米食や繊維の多い野菜・キノコを食べる→
一週間ほどで歩けるようになったりする。

 

 

 

 

    Hirokazu Takeyoshi All rights reserved.